知らなきゃ損する!株の税金〜確定申告簡単マニュアル

2009年02月10日

きっちり確定申告をすることができます!

きっちり確定申告をすることができます!
 

あなたの税金も安くなる!!確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』
 たった1時間ほどの作業で
     税理士に支払う5〜10万円が節約できます!
  税務署に対してビクビクする必要がなくなります!
  負い目を感じなくなります!
  「青色申告」ができるので、税金がグッと安くなります!
  お得な規定がもりだくさんの「青色申告」が適用できます!
  税金が返ってくる事があります!
  経営について詳しくなります!
  経営者の視点で物事を見るようになれます!
  思わぬ節税を発見できます。
  ほとんどの税理士がアドバイスしない
    本物の使える節税ノウハウがマスターできます!
  ビジネスの本質を掴めるようになれます。
  ビジネスに欠かせない数字のセンスがアップします!
  毎月の収支がわかります!
  毎月の収支がわかることで、より真剣に考えるようになります!
  ネットビジネスがよりおもしろくなります。
  稼ぐ喜びがさらに増します。
  羨ましがられる知識を身につけることができます。

     などなど・・・




お金を稼ぐことは重要です。
しかし、何も稼ぐことだけが全てではありません。




ちなみに、稼げる系のマニュアル、儲ける系のノウハウを手にしたほとんどの方が
成果を出せずに、購入代金すら回収できずにいるのではないでしょうか?

でも、このマニュアルを手にされた場合・・・

『とっつきにくいから』というだけで税理士などの専門家に丸投げをして
その対価として少なくても5万円〜の報酬を支払う、といったことがなくなります。

なぜなら、専門家にお任せしなくても、
弊社のマニュアルとメールサポートがそれ以上のパフォーマンスを発揮するからです。

そして、
仮に専門家に丸投げしたとしても、ほとんどの税理士は
事務的に確定申告書を作成するだけです。
(もちろんすばらしい節税アドバイスをされる方もいらっしゃいますが・・・)

ここで、以下にご紹介しているモニター様のご感想をご覧いただきたいのです。

このマニュアルを手にされたモニターのほとんどの方が
『購入代金の何倍もの価値がある』とのご回答を寄せてくださいました。

実際、マニュアルに書かれている『節税ノウハウ』を実践し、
17万円もの節税を合法的に実践された方もいらっしゃいます。
(場合により、それ以上の節税効果をもたらす可能性も十分にあります!)


当マニュアルは、『簡単に実践できる』をコンセプトにしていますので、
実現性があり、しかも再現性の高いもの、なのです。


売上アップと節税は、『お金を残す』というキャッシュベースで考えれば、
どちらも同じ効果があるのです!


もっと言えば、
「お金を残す」という観点からは、
『稼ぐ』こと以上に、
『無駄な支出(…払わなくてもすむ専門家への報酬や税金)をなくす』ことの方が
実現性・再現性が高いのです。


ですので、税務署に無茶を言われないように、
正しくしっかりとした事前準備をしておくことが必要なのです。



それでは、どのような手順で確定申告をしていくのでしょうか?

弊社のマニュアルを実践的に行うと次のようになります。


 @ まず、メインマニュアルに目を通していただきます。
   ⇒ ここで確定申告とはどのようなものなのかを把握していただきます。

 A 次に、各種届出書の作成をしてください。
   ⇒ 早めにやっておくことで、後が楽になります。
     これは、大半は初年度のみで、次年度以降は基本的に必要ありません。

 B 事業計画シートの記入をしてください。
   ⇒ これも大半は初年度のみで、次年度以降は基本的に必要ありません。
     エクセルシートへ記入してください。

 C 青色申告用集計エクセルシートに売上や経費を記入していきます。
   ⇒ 自分のしてきた1ヶ月の成績が出ます。
     いわゆる1ヶ月のあなたの通知表が出来上がりますので、
     それを見て、「よーし!」と思ったり、「もっとがんばらなければ!」と
     自己分析をしてみてください。
     財務・節税コンサルタントとして言わせてもらいますが、
     ここで分析をすることが大きな利益を掴みます!
     一流の情報起業家は必ずしています!
     あなたもその一歩を歩んでみてください!

 D 1年分のCを元に確定申告を組んで完成です。
   ⇒ 動画があるので、楽に組めます。



A・Bは最初にしていただくだけで、翌年以降はほとんど手付かずでもかまいません。

ということは、1年の大半はCの作業だけで十分なのです。
1年分のデータを2月頃にまとめれば、確定申告が出来上がります。

たったこれだけで、無駄な費用を削減でき、
心配から解放され、さらには大きな節税効果が見込めます!






決して他人事ではなく、
とても重要なことなので、繰り返しますが・・・


飲食店や、美容室、製造業といった、リアルビジネスをしている方はもちろんのこと、
アフィリエイター、インフォプレナー、輸入ビジネス・・・最近よく耳にする言葉ですね。
残念なことですが、ネットビジネスをしている方は申告をしない傾向にあります。

かなりの危険をおかしているのですが・・・

数年前からですが、紙面でもネットビジネスといった言葉が出てきました。
今では月100万円稼ぐアフィリエイターの方々も多数います。
言葉が一般的に知られてきた、ということは、もちろん税務署にも把握されています。

では、もし、あなたがネットで稼いでいて無申告だった場合にはどうなるか?

もし税務調査でバレてしまったらどうなるか?


分かりやすくするため、実際にシミュレーションしてみましょう。
※ 下記はネットビジネスのみならず、副業をしている全ての人にあてはまります。


あなたが稼いでいるアフィリエイターだとします。
去年、会社から給与を400万円もらっており、ネットビジネスで年間500万円稼ぎました。
この年、あなたは確定申告をしませんでした。
「バレないだろう」とタカをくくったのです。

さあ、この場合どうなるのでしょう?

もし税務調査が入れば、通帳などを詳しく見られることになるので、
隠しようがなかったりします。
(ネットビジネスの入金はほとんどが銀行振込が多いからです)




ではこの場合、税金をいくら払わなければならないか?
上記の場合は「脱税」とみなされて、多額の罰金を払わなければなりません・・・

給与が400万円とネットで500万円稼いだ場合、本来払うべき額は115万円なのですが、
この年は約15万円しか払っていませんでした(給与の源泉徴収所得税のみ)。

この差額は実に100万円(所得税だけで)です。


では脱税だとわかったときはいくらになるのでしょう?

まず「加算税」というものが、最大40%(重加算税)かかります。
そしてさらに、年4.4%の利子税がかかります。

差額100万円部分に、上記の罰金が乗せられるのです。
ということは・・・追加で約150万円払わなければいけなくなります。
なんと1.5倍・・・


さらにさらに・・・

上記には住民税が入っていません。
住民税を考えると200万円を超えるということになるでしょう・・・

以上のように、忘れていた、間違えたとはいえ、
税務署は許してはくれません。

税務署が許してくれない以上、自分自身で自分を守るしかないのです。

ここ数年、アフィリエイターやインフォプレナー、
すなわちネットビジネスに取り組んでいる人への税務調査が増えると思われます。
実際にそういう動きになってきています。

何も待っているだけが全てではありません。
確定申告を自らすることで、守れるお金はあるのです。

あなたがネットビジネスを始めたことで稼いだお金を、
自分自身で、確定申告でしっかり守りましょう。




 をお聞きください!!






  大阪府 カジモト様
     ・・・アフィリエイターをされています。

 ※ ページトップにある17万円節税というのは
   カジモトさんから頂いた声を参考にしました。
    カジモト様、ご協力ありがとうございます。


 H19年の12月からアフィリエイトを始めたのですが、
 今のところ順調に利益が出ています。
 H19年の12月は、動きがほとんどなかったのですが、
 今年に入ってから動きが活発になってきています。

 確定申告もどうしようかと、もちろん気になっていたのですが、
 なんといっても一番気になっていたのは税金のことでした。

 私はH20年の2月に、当商材のモニターとして迎えてもらったのですが、
 非常に助かりました。

 一番大きかったことは、青色申告がギリギリ間に合ったことです。
 もし青色が間に合わず、白色で組んでいたら、
 17万円も税金を損していたなんて・・・
 考えただけでも、税金ってやっぱり恐いなと感じさせられます。
 知っているか知らないかでこれだけ差がつくとは・・・

 以下に私の場合で恐縮ですが、皆様にも具体的に知ってもらいたいと思い、
 給与とアフィリエイト利益が出たときの、
 青色申告と白色申告の税金の違いを載せています。
 (以前に試算してもらったときの数字です。)
 どうぞご参考になってください。

 私は現在、妻と子が2人いるサラリーマンで、給与は400万円もらっています。
 アフィリエイトでの利益はおそらくこのままだと200万円になります。

 この場合で、青色申告で組んだときならではの規定である
 30万円未満の備品(私の場合はパソコンやプリンターでした)を
 購入したときの一括経費化、専従者給与の有効活用を用いて、
 所得税と住民税を合わせて17万円もの節税が出来そうなのです。
 (現状の数字ですが、もっと節税額がいくかも・・・)

 私にとって17万円は非常に大きいので、すごく助かります。
 本当に良い商材を譲ってもらえたことに感謝します。
あなたの税金も安くなる!!確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』
posted by 確定申告簡単 at 21:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする